薬師寺運動器クリニック

最新情報

[ 2020年1月16日 ] 栃木の野球肘検診には栃木の野球手帳を持って行きましょう

院長もコアメンバーであるNPO法人野球医療サポート栃木と栃木県高野連が共催している野球肘検診、および当院で開催する上三川ボーイズと真岡ボーイズの検診の際は、ぜひ栃木の野球手帳(栃木県青少年野球団体協議会 野球手帳野球手帳)を持って行きましょう。
検診の結果を記入してもらうページがあります。
野球肘検診の先進県である新潟では、検診の際に野球手帳を持ってくる選手が7割ぐらいらしいです。
栃木の選手も新潟と同じくらい持って行ってくれるとありがたいです。
栃木の野球手帳の編集は当院院長が行いました。

[ 2019年12月26日 ] 他病院からのリハビリの継続もご相談下さい。

 病院での手術後に退院された場合、外来でのリハビリが十分に継続できないことも少なくないようです。
 高齢者の骨折の手術後に、介護サービスに回ってしまうケースもあるようで、医療保険では、必要なら手術後原則150日まではリハビリを行うことができます。
 このほかにも、人工関節、腱や靱帯断裂の手術など、年齢を問わず、外来でのリハビリの継続を希望される方は、手術を行った病院の医師・理学療法士からの紹介状などをお持ちのうえでご相談下さい。特に、手術後のスケジュールが決められている場合は、その予定表もお持ちいただけると幸いです。
 高齢者の場合は、平日の午前を利用するとリハビリを多めに実施できる可能性があります。
 どうぞお気軽にご相談下さい。

[ 2019年12月4日 ] 火曜日が診察もリハビリも空いています

このところ火曜日の診療が大変空いています。
リハビリの予約も多めの空きとなっています。
診察も待ち時間の少ない状況ですので、是非火曜日に受診していただけるようお願いいたします。

[ 2019年10月28日 ] ハイドロリリース注射を当院でも実施しています

当院でエコーを用いて痛みの部位を観察しながら行うハイドロリリース注射を実施しています。1回に複数箇所を行うこともありますし、必ず劇的な効果があるとは限りませんが、ご相談ください。
肩こり・腰痛に対する注射のほか、末梢神経周囲のリリース、靱帯や腱のリリースも行っています。

[ 2020年1月12日 ] 【理学療法士向け股関節勉強会のお知らせ】

2020年1月から整形外科リハビリテーション学会常任理事の山本昌樹先生の勉強会の新シリーズが始まります。
1月26日日曜日朝から当院リハビリ室で講演と実技で股関節についての勉強会を開始することになりました。
外部からの参加も歓迎します。
参加費を5000円いただきます。
触診などの実技もあるため、2名1組で参加されることもご検討下さい。
当院SNSでも案内をしてまいりますので、ご覧いただければ幸いです。

[ 2019年11月19日 ] 当院のインフルエンザ予防接種ワクチンの在庫がなくなりました。

11月18日(月)をもちましてインフルエンザ予防接種の在庫がなくなりました。
ご利用いただきありがとうございました。
今年はインフルエンザの流行が早く始まっていると報道されております。
当院ではインフルエンザの診療は行いませんので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
検査キットも置いていませんので、高熱などの症状がある方は当院への来院をせずに内科・小児科を受診いただきますようお願い申し上げます。

[ 2019年11月13日 ] 理学療法士1名内定しました

来年春の国家試験合格見込みの学生1名に内定を出しました。
あと1名限定で募集をいたします。来年春の国家試験合格見込みの学生またはすでに他施設で就業中の方の転職いずれもOKです。
施設見学・ご応募について、お早めにお問い合わせください。
栃木で野球選手のリハビリの関わりたければ当院をご検討下さい。

[ 2019年11月1日 ] 理学療法士 就職希望の方を現在受付中です

当院で運動器リハビリの仕事をしたいとお考えの方のご応募を受け付けております。
2020年の国家試験合格見込みの学生の方はいくつか施設をご覧になっていかがでしたでしょうか。
当院は学会や勉強会に参加しやすく、運動器エコーも学べる施設です。現在PT8名+日曜は非常勤PT2名の体制で診療を行っています。
是非ご応募ください。

[ 2019年10月30日 ] 台風の被害で保険証を紛失されても受診できます

台風の被害に遭われて保険証を紛失または自宅に残して避難している場合でも、下記の4点をお知らせいただければ、保険証がなくても保険医療を受けられます。
1.氏名
2.生年月日
3.連絡先(電話番号等)
4.加入している医療保険者が分かる情報(※)
(※)被用者保険の場合は事業所名、国民健康保険の場合は住所及び組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所
 後片付けの疲れから腰・膝・肩の痛みが生じる可能性があります。少し手を休めて早めに受診をされることをおすすめいたします。

[ 2019年10月10日 ] 初診の方は朝のうちに来院されるとその日からリハビリ開始できる可能性があります

当院ホームページから初診の予約をいただきありがとうございます。
運動器リハビリを希望して初診の予約をされる方は、朝のうちに来院されるとその日のリハビリの予約の空きを利用して、リハビリを開始することができます。
17時以降はリハビリの空きがないことが多いので、予約が17時~18時30分の枠ですと当日はリハビリを開始できない可能性が高くなります。
可能であれば、朝のうちに来院いただくことをご検討下さい。早ければ診察後すぐにリハビリを開始できることがあります。

[1] 2 3 4 5