薬師寺運動器クリニック

最新情報

[ 2018年4月26日 ] 当院は5月6日で4周年

おかげさまで薬師寺運動器クリニックとして現在の施設に移転してから、当院は4周年を迎えます。まだまだ発展途上の診療です。日々の研鑽、施設内の設備の改善、アスレチックトレーナーによる自由診療システムの確立など、これからも挑戦し続けてまいります。当院の5年目もどうぞよろしくお願いいたします。

[ 2018年3月13日 ] 待合室にウォーターサーバーを設置しました

 待合室の受付の真向かいにウォーターサーバーを設置しました。水とお湯が出ます。カップ専用のごみ箱もありますので、ご利用ください。
 小さいお子さんが誤って操作をされないよう当院でも配慮いたしますが、保護者の皆様にもお気を付けいただければ幸いです。

[ 2018年2月15日 ] 当院院長のブログを運用中

下記URLで当院院長のブログをスタートしております。基本的には診療に関わるテーマで投稿させていただきます。ご覧いただければ幸いです。
http://blog.livedoor.jp/ymctochigi/

[ 2018年2月4日 ] LINEの当院の公式アカウント開始

このたびLINEの公式アカウントを開始いたしました。
休診の予定の案内やリハビリの変更などのお知らせを投稿していく予定です。
当院はホームページ以外にもフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、さらにはグーグルのマイビジネスへの投稿がありましたが、これでLINEが追加になりました。
左のQRコードをご利用ください

[ 2018年1月16日 ] 1月~3月は空いていることが多いです

 受験や学年末テストの時期は、10代がいちばん多く来院する当院は混雑しづらいので、待ち時間が少ないことから、受診がおすすめです。野球もシーズン開始前ですし、ウインタースポーツでの受診も少ないため、一年でいちばん空いている時期です。
 今年は2月にオリンピックもあり、時差のない韓国で開催ということもあって、診療時間帯に競技が行われます。日本人選手がメダルを期待される種目においては、受診を控える方が多くなるためか、空いていることが多いというのがこれまでの傾向でした。
 寒い時期ですが積極的に受診をしていただくことをおすすめいたします。

[ 2018年1月9日 ] 祝日も原則診療しています

まだまだ祝日診療が十分に認知されていないのかもしれず、1/8よりも本来混雑しづらいはずの1/9火曜に受診が多くなりました。
祝日が日曜~木曜の場合はその曜日に準じて診療を行います。例外は年末年始と5/3~5です。

[ 2017年12月26日 ] 中途採用・経験者の理学療法士・作業療法士 大募集

パート・常勤問わず運動器リハビリを担当していただけるPT OTを募集しています。午前のみ・日曜祝日のみ・夕方だけ勤務など勤務時間の相談に応じます。月曜から木曜のみ勤務などの変則的な勤務も社員に準じて対応します。
県内各地から患者さんが多く来院します。どうぞ力をお貸しくださいますようよろしくお願いいたします。
見学・問い合わせはお気軽にホームページの「お問い合わせ」からどうぞ。

[ 2017年10月26日 ] 看護師パート・常勤募集

当院では看護師を募集しています。
パートで日曜・祝日勤務できる方は平日よりも時給アップします。
育児中で平日日中だけ勤務という方ももちろん歓迎です。

整形外科での勤務歴がなくても、外来診療の経験がなくてもOKです。採血は月に数名いるかどうか、点滴はほとんどありません。筋注・皮下注などの注射と医師の行う注射の準備をすることがあります。

電子カルテへの入力補助もお願いすることがあります。
PCが苦手という方も指導します。
詳細はお問い合わせください。

[ 2017年10月18日 ] 乳児股関節検診は電話で予約をお願いします。

 乳児股関節検診は診療時間とは別の14時30分から完全予約制で行っています。毎回1~2名のみの実施です。
 待ち時間をとても短くできるので、おむつや授乳の心配を減らすことや、他の人との接触の可能性を減らして感染症のリスクも軽減することにつながります。
 初診の予約サイトからは対応しておりませんので、お手数ですが電話での予約をお願いいたします。電話は診療時間中にのみつながります。よろしくお願い申し上げます。

[ 2017年8月23日 ] エコーガイド下の注射に取り組んでいます

 当院ではエコーを用いて筋膜や神経周囲に生理食塩水や局所麻酔薬を注射する治療に取り組んでおります。夏休みを利用して、熱心に注射に取り組んでおられる奈良県香芝市の永野整形外科クリニックで行われた勉強会にも参加してまいりました。
 肩関節周囲での筋膜への注射は症例がかなり増えており、野球を始めとするスポーツの症例や中高年の肩周囲の痛みの症例に効果が認められています。
 エコー機器の描出できる深さの限界もありますが、可能な範囲での注射も行っておりますので、まずはご相談ください。

1 [2] 3 4